大切なあの人へ花を贈りたい!フラワーギフトを贈るときの疑問をすっきり解決

当サイトでは大切なあの人へ花を贈りたい人へ、フラワーギフトを贈るときの疑問をすっきり解決するための情報をご紹介しています。
あまり贈り物向けフラワーを贈ったことがないというのなら、ぜひ参考にしてください。
贈り物に相応しい品物の1つにはプリザーブドフラワーがあります。
贈り物向けフラワーを贈るときは、それぞれの植物に割り当てられた言葉も確認するとよいでしょう。
知らずに失礼なことをしてしまう、といったことが避けられ安心です。

大切なあの人へ花を贈りたい!フラワーギフトを贈るときの疑問をすっきり解決

花をギフトに贈りたいけれど、初めてなので疑問があるという人もいるのではないでしょうか。
フラワーギフトのよくある疑問には、どのくらい保つのかがあります。
花束やアレンジメントの場合、置き場所の気温や湿度にもよりますがおおむね1週間ほどが目安です。
長持ちさせるためには、直射日光を避けて涼しいところに置くのがおすすめです。
しかし生花ではなくプリザーブドフラワーなら、数年も綺麗な状態で保たせられることがあります。

ギフトに花を贈ることのメリットとは

花は見た目に華やかさがあるのがメリットで、お祝い感を手軽に演出することができます。
特別な時に贈られることが多い存在でもあるため、貰った側も気持ちを汲み取りやすいと言えるでしょう。
また、年齢や性別問わず贈りやすいのも特徴であり、人を選ばず渡せるのも良いところです。
花言葉というアプローチで気持ちを伝えられるのもメリットのひとつに挙げられます。
直接、言葉で伝えるだけでなく、そのチョイスによって表現できるメッセージがありますし、口に出しづらい想いを託したい時にも適したギフトなのではないでしょうか。
絶妙な寿命で、ちょうど良い期間、愛でられるのも良さとして挙げられます。
どんなに美しい花にも寿命があり、贈り物としての役目を終えてしまいますが、それこそが魅力とも言えるのです。
中には、できるだけ物は増やしたくないという人もおり、内心では困ってしまうという人も少なくありません。
その点、花は1週間前後で寿命を迎えるため、捨てるに捨てられないといった貰い手の悩みも生まれにくいのです。

ギフトにふさわしい花の選び方ポイント

大切な人に何かを贈る場合やお祝いをしたい場合、フラワーギフトを選ぶことがあります。
お花は贈る側の気持ちを表現できるもので知られており、花言葉に思いを寄せることも多いです。
贈り物として選ぶ場合、どうしても金額が高くなりがちですが、高額なものを贈ったからと言って相手が喜ぶとは限りません。
あくまで気持ちを表現できるものであるため、どんなにささやかなお花であっても相手は喜びます。
そのため選び方は、シーンに合わせ相手のことを思いながら選ぶことが大切になります。
お見舞いとして贈る場合は鉢植えはNGになりますし、結婚のお祝いも鉢植えが陶器である場合割れるという意味合いから、通常は贈りません。
誕生日や母の日などのイベントでは相手の好みのものを選ぶことが大切です。
色合いや形を考えながらイメージを膨らませていきますが、イベントであっても相手のことを考えなくてはなりません。
ギフトで贈る場合は、相手が手入れがしやすいか、飾りやすいか、長持ちするのかなど、相手の立場になって考えることが大切です。

結婚式におすすめの花のギフトは?

結婚式は大変おめでたい行事であり、二人の幸せを願いたいと考えます。
ですが式に参列できないこともあり、その場合にはお祝いの気持ちを込めて花を贈ることがあります。
なお贈る場合は事前に会場に受け取ってもらえるかを確認し、手配をするようにしてください。
自宅に贈る場合もその後旅行に行く可能性もあるので、新郎新婦への確認が必要です。
結婚式のギフトとして適しているのは青色のお花です。
青はサムシングブルーとも言われており、花嫁が身に着けると良いといわれているものの一つになります。
もちろん紅白でおめでたい感じを出しても構いませんが、異性に対して贈る場合、紅白といえども赤いバラは恋人に贈る花として知られている他、黄色いバラも嫉妬という意味があるため選ぶ際には注意をする必要があります。
さらに式場で飾った後、自宅に持ち帰ることも考慮し、手入れが簡単で飾る場所に困らないようなアレンジをギフトにすることが大切になります。

ギフトにタブーとされる花ってあるの?

お花は様々なシーンでお贈りすることがあります。
ギフトとして最適なのですが、タブーとなる花もあるため注意しなくてはなりません。
病気お見舞いなどの場合、鉢植えはタブーと言われています。
これは鉢植えは根付くという意味があり、病気やケガが長引いてしまうという暗示になります。
同じようにぽとりと落ちることから椿は贈りませんし、シクラメンもまた語呂が悪いため贈りません。
葬儀など法事に贈る場合は白色の花を贈ります。
近年では故人の好きだったものをお供えするようになりましたが、四十九日を過ぎるまでは基本的に白色です。
すぐに飾れるようなフラワーアレンジメントが良いでしょう。
結婚祝いなどおめでたい場合のギフトでは、花言葉に注目をします。
青い色が印象的なムスカリには失意、黄色いバラや赤いシクラメンは嫉妬という意味があります。
贈ってはいけないものはないですが、特に目上の方にお贈りする場合は十分な配慮が必要となります。

花に関する情報サイト
フラワーギフトを贈ろう

当サイトでは大切なあの人へ花を贈りたい人へ、フラワーギフトを贈るときの疑問をすっきり解決するための情報をご紹介しています。あまり贈り物向けフラワーを贈ったことがないというのなら、ぜひ参考にしてください。贈り物に相応しい品物の1つにはプリザーブドフラワーがあります。贈り物向けフラワーを贈るときは、それぞれの植物に割り当てられた言葉も確認するとよいでしょう。知らずに失礼なことをしてしまう、といったことが避けられ安心です。

Search